悪玉コレステロールは不要というわけではありません。

 

悪玉コレステロールも善玉コレステロールもそれぞれ役割があり、バランスをとることにより体は健康になります。
それぞれの違いを理解することにより、必要性が分かってきます。
悪玉コレステロールの役割は、肝臓で作られたコレステロールを全身に送ります。悪玉コレステロールが多いと、血液に多くのコレステロールが存在していることになります。そうなってしまうと動脈硬化になるリスクを高めてしまうので悪玉として判断されています。
善玉コレステロールは、全身に巡って使われなかったコレステロールを肝臓に戻す役割をもっています。回収する効果により、動脈硬化を防ぐことができるので善玉として扱われています。
役割が違うので、悪玉と善玉に分かれていますがコレステロールは体にとって必要なものです。
コレステロールは、全身の細胞やホルモンに使われるものですので一定の量は必要です。
悪玉コレステロールの数値が基準値だったとしても、善玉コレステロールの数値が低いと動脈硬化になるリスクが高くなります。それぞれの違いを理解すれば分かることですが、善玉コレステロールが少ない状態だと、血液にあるコレステロールを回収しきれなくなります。
つまり、片方だけ気にするのではなくバランスがとれているかを気にするとよいです。
悪玉コレステロールと善玉コレステロールがバランスがとれているかどうか不安になるならば、医師に相談してみるとよいです。
それぞれ違いがあるのは、それぞれ役割があるからです。名前だけで判断せずに役割をきちんと理解することが大切です。
動脈硬化のリスクを減らすためには、食事内容を改善することから始めるとよいです。
悪玉コレステロールを減らすためには脂質が多い食事は避けて、血流を改善する効果がある食品を多く摂取するとよいです。
善玉コレステロールを増やすためには、運動をするとよいです。激しい運動ではなく、歩くなど日常で出来る範囲の運動で問題ありません。