動脈硬化のリスクを高める悪玉コレステロールを減らす方法

悪玉コレステロールはLDLコレステロールとも言い、増えすぎると血管内に蓄積されて動脈硬化を引き起こすことで有名です。悪玉という字から悪い物質のように思えますが、コレステロールを体内に供給するという大切な役割を担っています。コレステロールは細胞膜を作ったり、ホルモンの材料になったり、栄養分を分解したりと様々な働きをしており、生きていく上で欠かすことのできない重要なものなのです。

 

悪玉コレステロールを減らす方法・下げる食事を教えて!

 

しかし、量が増えてしまえば血液をドロドロにして血管壁を脆くし、やがて動脈硬化を引き起こします。動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞などの危険な病気の原因になるので、重篤な症状に陥る前に悪玉コレステロールを減らす必要があります。
悪玉コレステロールを減らす方法はいくつかありますが、すぐに実行できるのは食生活を見直すことです。コレステロールを多く含む食品を過剰に摂取しないことはもちろん、コレステロールを減らす食品を積極的に食べるようにしましょう。コレステロールを減らす食品でまず知っておきたいのが、イワシやアジなどの青魚です。青魚に多く含まれているDHAやEPAにはコレステロールを減らし、肝臓での中性脂肪の合成を抑制する働きがあります。また、ブロッコリーやキャベツなどアブラナ科の野菜もコレステロールの吸収を抑制する働きがあるので、積極的に食べましょう。ほかにも、大豆製品や海藻類、食物繊維にもコレステロールの吸収を抑制する作用があります。

 

コレステロールを処理能力を向上させるために、肝臓の機能を強化するのも1つの方法です。肝臓の機能をアップさせるためには、タウリンを含む食品が有効です。イカやカキ、ホタテなどの魚介類にはタウリンが多く含まれているので、定期的に食べるようにしましょう。
とはいえ、食事から必要な成分を全て摂取しようとすると大量に食べなくてはいけない場合もあり、なかなか難しいのも事実です。そうした方におすすめなのが、サプリメントから必要量を摂取する方法です。現在では、コレステロールを下げる成分を含んだサプリメントが市販されています。上手く活用してコレステロールを下げるようにしましょう。

悪玉コレステロールを下げる食品と食生活について

 

悪玉コレステロールを減らす方法・下げる食事を教えて!

 

コレステロールには、細胞膜を作り筋肉を作るホルモンの原材料や栄養の分解、栄養を吸収する胆汁の原材料としての役割があります。悪玉コレステロールとは、これらの役割を持つコレステロールを体内に供給する作用がありますが、増加しすぎると血管に溜まり動脈硬化を引き起こすなどの原因となってしまいます。

 

この悪玉コレステロールを減らすためには、肝臓機能を強くする必要があります。肝臓機能を強化させるために有効な栄養素はタウリンがおすすめです。タウリンは、牡蠣やイカ、ホタテなどの魚介類に多く含まれており、コレステロールの処理能力を高める働きをします。

 

悪玉コレステロール値を下げる食品は、ほかにもありエゴマなどに含まれるα-リノレン酸はコレステロール値を下げてくれます。そのほか、イワシなどの青魚に含まれるドコサヘキサエン酸などはコレステロールを溶かし、しいたけなどに含まれるナイアシンはコレステロールを下げるのに有効になります。食物繊維も悪玉コレステロールを改善するのには効果的な栄養素になります。

 

これらの食品のことを考えてコレステロール値を下げるのに効果的な食生活としては、食物繊維が豊富で油は植物油を使うことなどを考えると魚と野菜を中心とした和食が理想的な食事ともいえます。

 

逆に悪玉コレステロールを増やしてしまう食品もあり、マーガリンや市販の焼き菓子、ファーストフードなどの油に使用されるトランス脂肪酸などに注意が必要です。また、バターや肉の脂、クリームやショートニングに含まれる飽和脂肪酸も悪化させてしまうため過剰に摂り過ぎてしまうと悪玉コレステロールを悪化させてしまいます。甘い物が好き、ファーストフードや揚げ物が好きという食生活をしている人は食生活を見直すことをおすすめします。
また、食生活を気をつけるだけではなく、水泳やウォーキングなどの運動を毎日少しずつでも定期的に行うことがコレステロール値を下げるには効果的です。

生活習慣の改善と注意点で悪玉コレステロールを効果的に下げるには

コレステロールは人間が生きていくためには不可欠なものであり、ホルモンや筋肉をつくる材料になります。ただ悪玉コレステロールは増えすぎると血管にたまり、血管に付着することで弾力を失わせるうえ、血行を阻害するため動脈硬化や高脂血症など重大な生活習慣病を引き起こす原因になります。加齢に伴い新陳代謝能力は衰えるため悪玉コレステロールはたまりやすくなりますが、生活習慣で値を下げることは可能です。そのための最大の注意点は食事です。

 

悪玉コレステロールを減らす方法・下げる食事を教えて!

 

過度の飲酒や暴飲暴食はもちろん、日常においても肉や油の多い食事は値を悪化させるので避けましょう。糖質も蓄積すると脂肪にかわるので適度に抑えることが大切です。野菜や豆などをバランスよく取り入れた食生活にし、規則正しく食べる事が悪玉コレステロール値を下げるのに有効です。あわせて乳酸菌や不飽和脂肪酸などは悪玉コレステロールを減らし老廃物をは支出する作用に優れているのでヨーグルトやオメガ3などは積極的に摂取するとより高い効果が得られますが、手軽に摂取するにはサプリを利用できます。タウリンや酢にも同様の効果があります。また定期的な有酸素運動を生活習慣として取り入れることは改善策として非常に効果があります。20分以上は続けないと燃焼しないので、回数と時間は事前に確認するべき注意点です。良質な睡眠は成長ホルモンの分泌を促し、体の老化を抑制するだけでなく、ストレスを軽減させる作用もあるので悪玉コレステロールを下げるのに役立ちます。ストレスは緊張の結果血管を収縮させ、自律神経を狂わせるので上手に発散しためこまないようにすることが大切ですが、その際過食や飲酒などに頼らないようにし、健康的な発散をこころがけることが注意点としてあげられます。こういった生活習慣は一過性のものでは意味がなくある程度続けてはじめて改善がみられます。はじめるのがはやいほど悪玉コレステロールを効率的に下げるのに有効です。